なおつの雑記

日々の気付きや体験などを書いていきます。

【自衛隊の思い出】前期教育での体験談#3野営訓練

前回の記事の続きです。前回の記事はこちら↓

http://naotu01.com/self-defense-forces-shooting-training/

前回は射撃訓練での体験談について書きました。今回はその後に行った野営訓練について書いていきます。それではいきます!

野営訓練

皆さんは野営訓練という言葉を聞いたことがありますか?自衛隊に関わりのある人ならわかるかもしれませんが、一般人には聞き慣れない言葉だと思います。

野営訓練とは、演習場に行き、実戦を意識した訓練を行うことです。もちろん夜も朝も関係ありません。

お風呂にも入らず一週間から1ヶ月ほどおこなう訓練です。私たちの教育隊では5日間やりました。

始めてのテント設営

まず演習場に着いて、自分達が宿泊するテントの設営を行いました。このテントなのですが、緑色の布の素材でできており、結構分厚くしっかりしていました。

五人一組で、テントを設営することになり初めてという事で、教官の展示を見てやることになりました。

見ていると簡単そうにやっていましたが、実際自分達でやると中々うまくいかず、結局2時間程かかってしまいました。教官達は二人一組で5分で建ててしまったので驚きです…

雨が降る中の戦闘訓練

野営訓練のメインイベント戦闘訓練です。大まかに言うと、戦闘訓練では、相手の陣地までほふく前進で行くことです。

この日は雨が降っており、土はぐちゃぐちゃあちこちに水溜まりができている状況でした。

銃を担いで移動するので、地面がぬかるんでいると足をとらわれて進みずらくなります。

そんな中、戦闘訓練が始まりました。移動中、敵に見つからずに移動しないといけないため、少しでも低いところを通る必要があります。

ですので皆水溜まりにダイブします。夏だったのですが、寒さで震えてしました。とても辛かったです。

銃を撃ちながら移動するのですが、この訓練では、声で「バンバンバン!」と表現していました。

この時間がとても長く感じられ、とても辛かったのを覚えています。

まさかの地獄ハイポート

戦闘訓練を終え、トラックでテントの位置まで戻ることになりました。

皆「やっと終わったか」と安心していました。すると突然車両が停止しました。

「何かな?」「もう着いたのか?」と思っていると、教官から「車が敵に攻撃され走行不能になった。だからハイポートで帰るぞ!!」という声が聞こえました。

ハイポートとは、銃を持った状態で走ることです。

皆頭にクエスチョンマークがでていました。

そして、地獄のハイポートが始まったのです。テントまでの距離はそこまでなかったので、「まあすぐ終わるからいいか。」と思いながら走っていました。

しかし、いっこうに着きません。なんと直前で引き返し、また戦闘訓練をやったところまで戻っていたのです。

それを何往復したのかを覚えていませんが、2時間ぐらいやったのを覚えています。

このときばかりは、本気で自衛隊を辞めたいと思いました涙。

まとめ

野営訓練は本当にきつかったという記憶しかありません。風呂にも入れず夜もあまり寝ることもなくやっていたので、普段の生活がどれだけありがたいということを実感しました。

自衛隊ならではの経験ですね笑。

また続きを今度書こうと思います。最後までご覧にご覧になっていただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

【MOZ】ドメインパワーが1から11にアップ!その効果とは?

ドメインパワーについては以前記事に書きました。こちら↓

http://naotu01.com/post-441/

この記事に書いた通り、ドメインパワーが強いとメリットがたくさんあります。

ですから、私はドメインパワーが上昇していないか時々チェックしています。おそらく、この記事に訪れている人も自分のブログのドメインパワーが気になっているのではないでしょうか?

そんなドメインパワーを簡単には調べる方法があります。それは、MOZというサイトです。

MOZ

MOZというサイトを開くと、ブログのURLを入れるスペースがあります。そこに自分のブログのURLを入れると、ドメインパワーを100点満点で表示してくれます。

皆さんも是非検索してみてください!

最初はドメインパワー1

ブログを開設して、しばらくの間このブログのドメインは1でした。

記憶は定かではありませんが、半年間ずぅーっと1でした笑。

本当にドメインパワーは上がるのかと思いながら見ていました。

ドメインを新しく取得して始めていたのである程度覚悟はしていたのですが、正直心が折れかけてました。

そうはいいながらも、更新は続けてましたが…

ドメインパワーが1から11へとアップ!

さて、本題に移ります。なんとドメインパワーが1から11へとアップしました。

つい最近見たときは、まだ1のままだったのですが、ここ数日でドメインパワーが10も上がっていたことに驚きです!

上がるときは、一気に上がるようですね。皆さんもどのように上がったかコメントに書いていただけたら嬉しいです。

有名なブログに比べると大したことはないかもしれませんが、この弱小ブログのドメインパワーが上昇したなんて、嬉しすぎて感動しました笑。

ドメインパワーが上がったことによる効果

効果を上げるならば、インデックススピードが以前に比べて、格段に早くなったと思います。

以前は、記事を投稿してGoogleの「Fetch as Google」を使って、インデックスを促していました。

しかし今は、なにもしなくてもすぐにインデックスされるようになりました。

また、検索順位やアクセス数もわずかながら上昇しています。これは記事数が増えたことも関係しているかもしれませんが。

まとめ

素直に1から11に上がっていたことが嬉しかったです。まだ有名ブログのようなパワーはありませんが、少しでも追い付けるように頑張っていきます。

皆さんのドメインパワーはどうでしたでしょうか?

一緒に、ブログ更新頑張っていきましょう!

 

ブログ記事を作成する時間を短縮させる方法【時短】

皆さんはブログ記事を作成するのにどれくらい時間がかかってますか?

ブログを書く時間がない…そう思っている人も多いのでは?

でも、本当にそうでしょうか。要領が悪かったり、時間を短縮できていないからだったりではありませんか?

確かに、私も1記事当たり1時間から2時間、長いときには6時間ぐらいかかることもあります。

記事を書くのに調べたり、構成を考えるのには時間がかかるものです。これは、とても重要なことです。

しかし、それでも私は時間を短縮させています。

時間は有限ですので、少しでも効率よく時短させたいですよね。ですので今回は、「どうやったら、記事作成の時間を短縮できるか?」を一緒に考えていきましょう!

ブログ記事作成を速くする方法

ブログ記事を作成しているときに、思わずてが止まってしまう瞬間を考えてみましょう。

  • ネタ探しや、需要、競合性を考えるとき
  • 情報を集めているとき
  • 記事の構成を考えているとき
  • 休憩をとっているとき
  • 見直しをしているとき

このような時が当てはまるのではないでしょうか。

それでは、この5つの状況を見ていき、時短できるか考えていきましょう。

ネタ探しや、需要、競合性を考えるとき

ネタは、普段の生活やスキマ時間などで考えることができます。

面白い記事を見つけたなら、プラウザを保存したり、メモしたりなどして検討することができますよね。

ですから、いつでも少しの時間でできるわけです。

情報を集めているとき

もし、自分の興味のあることや知識のあることなら時間短縮は可能です。

全部が全部そんなことは不可能なのですが、そのような、自分の興味のあることや知識のあることに関するテーマを選ぶことで時短させることができます。

やはり、自分の興味のあることの方がネタどんどん出てくるし、サラサラと書くこともできるでしょう。

記事の構成を考えているとき

記事作成の時には「どんな風に何を書こうかな?」

先程のように、自分の得意な分野やテーマであれば、このように迷うことはありませんが、得意ではないテーマを書く際はどうしてもこの状態になってしまいます。

どんな風に書いたら、ユーザーに理解してもらえるだろう?

この記事を読む人はどんな層だろう?

こうやって、手が止まってしまうのです。

休憩をとっているとき

1日複数記事、書いている人なら休憩は必要だと思います。

ですけど、1日1記事更新なら正直言って休憩は必要ないと思います。

そもそも、一時間集中できないというかたは、ブログ運営に向いていないかもしれませんね。

私も、記事を一気に書き上げていますからね。

見直しをしているとき

この時間は、絶対に必要です。

  • 誤字や脱字はないか?
  • 言葉の言い回しは適切か?
  • アイキャッチ画像は合っているか?
  • タグはちゃんと表示されているか?

など、確認することがたくさんあります。ここは、時間を使ってよいのできちんと行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

記事作成することに時間がかかりすぎているかたは、もう一度、自分がどのような時間の使い方をしているのか見直してみましょう。

どこかに改善できるところが見つかるはずです。

 

 

 

 

 

【渋滞にはまった】トイレに行きたい…そんなときの対処法

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの長期休暇の時、「上下とも何キロの渋滞が発生しています。」といったニュースをよく聞きます。 長期休暇に車で帰省するという方も多いのではないでしょうか?車で移動していると、高速道路で渋滞にはまってしまう場面があると思います。 そんなときに限って、どうしてもトイレにいきたくなりませんか? 私も経験があります。 渋滞しているので、路肩に止めて外で済ませようとしても、周りの目が気になってできませんよね。 仮にパーキングエリアやサービスエリアに到着できたとしても、トイレ渋滞に巻き込まれることも多いです。

今回はそんな、渋滞でトイレに行きたくなった時の対処法を紹介していきます。

渋滞中トイレに行きたくなった時の対処法

では、具体的な対処法を紹介していきます。

尿意を抑えるツボを押す

手軽にできる対処法です。人には様々なツボがありますが、尿意に効くツボもあるのです。 1つ目は、下唇と顎の中心線にあるツボです。このツボを指でグッと押してください。そうすると尿意が少しなくなるそうです。 2つ目は、もっと簡単でです。おへその下を指で押さえるだけです。

このようにツボを押すだけだも、尿意を抑えることができます。簡単にできるので、手軽でいいですよね。

大人用オムツ

オムツを事前に履いておけば、大小関係なく対応できるので安心ですよね。 また、臭い漏れの少ないオムツも多いため、同乗者に気付かれる心配もありません。 ただオムツなので、履き心地は悪いかもしれません。

携帯トイレ

オムツを履くのに抵抗があるという方におすすめなのが携帯トイレです。 値段も安く数百円で買うことができ、容量も大きいため、数人で使い回すのこともできます。 しかも、尿を固めて、臭いを抑えてくれるものも多いため、使いやすいです。

ただ注意が必要な点が、同乗者の同意が必要な点です。ですが、もしもの時には役に立つと思います。

事前対策

渋滞時にどうしてもトイレが我慢できないときの対処法を紹介してきましたが、事前に尿意を抑えるほうほうを紹介したいと思います。

トイレに行っておく

いつ渋滞に巻き込まれるかわからないので、事前にトイレに行っておくことで、尿意を抑えることができます。 また、高速道路では電子掲示板で渋滞情報がわかるので、最寄りのサービスエリアで用を足しておくことができます。 先にトイレに行っておくことで、渋滞に巻き込まれても安心ですね。

水分を摂りすぎない

水分を撮りすぎると、すぐにトイレに行きたくなってしまう恐れがあります。 特に、アルコールやカフェインが多く含まれる飲み物は利尿作用がありますので避けておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか?渋滞でトイレに行きたくなった時、参考にしてみてください。 また、渋滞が発生することが予測できるのなら、事前に対策をしておくと安心です。

【自衛官の思い出】前期教育での体験談#2射撃訓練

前の記事の続きです。前の記事はこちら↓

http://naotu01.com/experiences-training-self-defense-forces/

前回の記事では、前期教育の大まかな体験について書いていきました。

今回は、前期教育でやった射撃訓練について紹介しようと思います。いろんな体験がありました。

射撃訓練

自衛隊と言えば、射撃シーンをイメージする方も多いのではないでしょうか?実際に自衛隊では射撃訓練をします。

ただ、実際に撃つまでには相当な訓練をします。撃ち方の姿勢や照準の合わせかたなどを体が覚えるまでやります。

練習のときは銃声を声で「バンバンバン!」と言っていた

先ほども書いた通り、実際射撃をおこなう前に練習をします。その時に、二人一組で練習をするのですが、引き金を引いたときに、声で「バンバンバン!」と銃声をあらわします。

私は、最初補助役のほうだったのですが、思わず笑ってしまいました。連射の時は「ババババン」です。これは、はっきり言って、子供が遊びで言うのと一緒ですね笑。

これは、自衛隊では常識です。始めてこれを知ったときは驚きましたが…

緊張で汗びっしょりに

さあいよいよ射撃訓練です。予行練習をしているときは、早く撃ってみたいという気持ちが強かったのですが、射撃場に着くと、実際に射撃するという緊張感を強く感じました。

同期の皆が、顔が強張っていたのを覚えています。なかには、顔が青ざめている同期もいました。

そうして、射撃訓練が開始され自分の番が回ってきました。弾を受領し、弾を込めているときには、緊張で全身汗でびっしょりになっていました。

銃の反動や音にびっくり

弾を弾倉に込め終え、とうとう射撃開始の合図がされました。

「撃て!」の合図がかかり、隣の同期が一発発射しました。その音の大きさにびっくりしました。耳栓をしているのに、音の衝撃を感じました。

そして、私も一発撃ちました。すると、反動が肩にズシリときました。それと同時に、音で耳が「キーン」としました。私は、「これが射撃なんだ」と感心したのを覚えています。

結果はいまいち

射撃訓練では、1人1人点数が出るのですが、私は、ひびりながらやったこともあり、下から数えたほうが早いくらいでした。

なかには、満点の同期もいました。皆、点数を「何点だった?」と聞きあって、自慢のしあいでした。

私は、恥ずかしくて点数を言えませんでした笑。

そんなこんなで射撃訓練は終了しました。

まとめ

普通の生活では体験できない射撃を味わうことができました。今となっては貴重な体験です。

私は、緊張するのでもうしたくはありませんが笑。

皆さんはやってみたいですか?

また続きを今度書こうと思います。ありがとうございました。

 

 

 

 

【職場で1人ぼっち】仕事で孤立しても平気な方法5選

職場で、1人ぼっちになって孤立して辛い思いをしている人がいます。

周りで楽しそうに話している人たちを見ながら黙々と仕事をしているのは、とても辛く感じると思います。

この状況が嫌だからといって、「こんな職場嫌だ」と辞めたいと思うこともあるでしょう。

しかし、そんな状況が逆にあなたにとってチャンスであると言えます。

今回は、職場で孤立しても気にならない方法や考え方を紹介していきますので、仕事を辞めたいと考える前に参考にしていただけたら幸いです。

職場で1人ぼっちになっても気にならない方法

それでは、職場で孤立しても気にならない方法を5つ紹介していきます。今つらいと思っているかたも参考にしてみてくださいね。

自分の仕事や持ち場に集中する

職場内の人間関係を円滑にするために、周りに気を使い過ぎて疲れてしまう方も多いのではないでしょうか?

ちょっとした言葉のニュアンスで、相手に嫌な思いをさせてしまうのでは…とか、上司に意見をぶつけてもいいのか…など。

時には、雑談に混ざったことにより自分の仕事が一向に進まなくてイライラすることだってあるのでは?

でも、すでに職場で孤立しているのなら、そのような事を気にする必要はありません。

自分の役割をこなすことに集中すればいいのです。

そうすることで、今までいかに余計な時間や気を使っていたことに気づくでしょう。また、仕事の効率が上がっていることに気づくこともできるでしょう。

プライベートでコミュニティーを作る

会社が全てではありません。今まで職場での付き合いが忙しかった分を、仕事以外のところに向けてみましょう。

今までいかに、狭い世界の人間関係で悩み、疲れていたことに気づくはずです。

もし、1人が好きなら1人で過ごしても構いません。家族と一緒にいる時間を有意義に過ごしてもいいでしょう。

学生時代の仲間たちと飲みに行く機会を増やしてもいいでしょうし、趣味がある人は、サークルなどに顔を出してみるのも効果的です。

職場以外で、自分の居場所を見つけることが出来れば、「仕事は仕事」とあっさり割りきることもできるのです。

職場の周りの人たちは、「職場が自分の居場所」と思っているから、職場での人間関係にこだわっているのです。

あなたは、その一歩さきに行っているので、得られるものも大きいはずです。

仕事ができる人は1人でいることが多い

仕事を長く続けていると、「仕事ができる人ほど群れない」ということに気づくのではないでしょうか?

会社の経営者や重役まで上り詰める人は、孤独な人が多いと言われています。

才能がある人は、自分が孤立していることなどに目も向けないし、気にしません。

周りの人と群れなくても、自分の存在意義を理解しているからです。

普通の人ほど、周囲の人と群れて安心感を得たいと思うものです。これは人間の心理です。

職場内で、グループで群れて意見や行動を合わせることによって、目立つこともありませんし、孤立する心配も無くなります。

しかし、このような群れをなしている人は、責任を負うことを避けます。

ですから、仕事で大きな功績をあげたり、個性を活かして、自分の提案を出すということが難しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

職場で孤立するということは、決して悪いということではないと気づけましたか?

あなたは、仕事をしに職場に行っているのです。ですから、職場の人間関係を気にしすぎる必要はありません。

それよりも、プライベートの時間を有意義に過ごし、このストレス社会を乗りきっていきましょう!

 

【会社に行きたくない】無断欠勤をしてしまう5つの理由と対処法

会社の朝礼の時に、「あれそういえば、あいつ来てなくね?」「そういえば、連絡無いですね」

無断欠勤をした人が出たときに、このような会話をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

社会人として、無断欠勤は許されるものではありません。仕事を休む場合は、勤務時間前に連絡することが常識です。

では、なぜ無断欠勤をしてしまうのでしょうか?

今回は、無断欠勤をしてしまう理由と対処法を紹介していきます。

無断欠勤をしてしまう理由

職場では、休んだ人の性格や降るまいかたで、周囲の受け取りかたが変わるものです。

そのようなことを踏まえて、無断欠勤をしてしまう理由と対処法を考えていきましょう!

起きた時間が会社が終わった後だった

朝方まで起きていて、少し仮眠したつもりが寝入ってしまい、気がついた頃には日が暮れていたというパターンです。

「大人なんだから、そんなの理由になるわけない。」そう思うかたがほとんどでしょう。

しかし、もう少しよく考えてみましょう。不眠症の人は夜に寝れなくて朝方ようやく寝れるという人が多いです。

職場で、「実は私不眠症なんです。」と言いづらい場合もあるでしょう。

ただ単にだらしない生活が原因なのか、不眠症で起きれないのか、またはそれ以外でストレスなどで起きれないのか、

他人には分からないことも多くあります。

自分の状態をよく見つめ直して、朝起きれないのか原因を見つけるべきでしょう。

抗議のため

先ほども書いた通り、無断欠勤をすることは社会人では、考えられない行為です。

しかし、無断欠勤をすることで職場での業務・人への抗議としておこなう場合もあります。

自分の考えを、出すために無断欠勤をし、周りに伝えるという思惑でしょうがそれが思い通りにいくということは残念ながら皆無でしょう。

このような行動をとってしまうと、最悪の場合、懲戒免職に繋がってしまうので、そんなことは辞めたほうがいいでしょう。

職場のことで悩みがあるため

職場に悩みや不安があって、辞めたいなと考えている状態は要注意です。

「もう仕事をクビになってもいい!」と考え始めてしまうと、無断欠勤もしてしまうでしょう。

そこで仮に職場から引き留められてしまうと、また悩んでしまうかもしれません。

職場に対する不安で無断欠勤してしまう人は、悩みすぎてしまい、仕事のストレスが原因で体調を崩しているかもしれません。

本人が気付かないうちに、そのような状態になっているときもあります。

仕事で大きな失敗をしてしまった

「仕事で重要な契約を無駄にしてしまった」

「重要な取引先に失礼なことをしてしまった」

会社にも申し訳ないし、その事でクレーム対応をしないといけない…

そんな時は、仕事に行きたくないという感情が強烈に出てくるでしょう。

これはもう現実逃避ですね。もうだめだと思ったとき無断欠勤をしてしまうでしょう。

「少し落ち着いて、連絡しよう。」そう思ってしまいます。

心が相当動揺しており、冷静な判断ができない状態です。

本当に連絡ができなかったから

まれなケースになりますが、無断欠勤をせざるしかない状況だった、または、連絡できる状況ではなかったという可能性もないとは言い切れません。

本人が事故や急病で連絡することができなかった、近親者が事故や急病で連絡する暇がなかったなどという場合もあります。

無断欠勤をしてしまったときの対処法

無断欠勤をしてしまう理由について紹介してきましたが、次に無断欠勤をしてしまったときの対処法について考えていきましょう。

メールでもいいので、上司に連絡をする

無断欠勤をしてしまった時、職場の人や上司に電話で連絡をするのが、億劫に感じると思います。

「そもそも電話ができるなら、無断欠勤はしない」そう思う人も多いでしょう。

だからといって、全く連絡をいれないのはダメです。

連絡が無いために、上司や同僚が「何か事故や事件に巻き込まれたのではないか?」という想像をして、あなたの身を案じているかもしれません。

場合によっては、あなたの実家に連絡がいくこともあります。

そうなってしまうと、ますます事態が悪化します。

ですから、早急に無事であることを上司や同僚に伝える必要があります。

電話がしにくいのであるなら、メールでも構いません。

とりあえず連絡は必ずしましょう。

言い訳をせず無断欠勤の理由を正直に伝える

その際、無断欠勤の理由を聞かれると思います。上司からなぜ欠勤したのかと聞かれたら、できるだけ正直に答えましょう。

例えば理由が「寝坊」だったとしましょう。

「寝坊で無断欠勤したなんて恥ずかしくて言えない」といって、別の理由を考えてしまうのはあなたのためになりません。

逆に正直に、「寝坊してしまって起きたら就業時間後でした。」といってしまった方が、上司も納得してくれます。

嘘の理由を言ってしまうと、必ずあとでばれます。

また、間違っても言い訳や弁解はしないようにしましょう。自分が100%悪いという意識で謝罪しましょう。

まとめ

無断で欠勤するということは、どんなことがあれども、避けなくてはならないものです。

しかし、デリケートな人やストレスをためやすいまじめな人は、本音を言えず溜め込んでしまいます。

無断欠勤をしないためには、職場の人と、コミュニケーションをとって円滑にしておきましょう。