なおつの雑記

日々の気付きや体験などを書いていきます。

嫌なことが続いたら気分転換しよう、7つの方法を紹介

仕事が忙しくてイライラする毎日。

上司から怒られて、何もかもが嫌になる。

「もう嫌!」となったとき、気分転換をしてみませんか?

気分転換すると嫌なことも吹き飛びます。

今回はそんな気分転換の方法を7つ紹介しようと思います。

1.深呼吸で気分転換

深呼吸は、場所を選ばずどこでもできる方法です。

深呼吸のコツとしては、鼻から息を吸いお腹が膨らむまで吸って、口から息を長く吹くことです。

仕事の合間にもできる方法となります。

2.自分の好きなものを食べて気分転換

味覚で気分をかえることもできます。

自分の好きなものを食べることで嫌なことも忘れることができます。

たまには、贅沢するのも悪くないかもしれませんね。

3.きれいな景色を見て気分転換

いつも同じ景色ばかりでは気分転換できません。

ですから、たまには景色のいい場所に行ってみて、気分転換をスッキリさせてみましょう。

いい景色を眺めていると嫌なこともちっぽけなことに感じてくるかもしれません。

4.体を動かして気分転換

体を動かして刺激を与えるといい気分転換になります。

運動をするのが億劫な方はストレッチなどでもいいです。

オススメはランニングです。

私も、ランニングで気分転換をよくしています。

ランニングについては、前記事に書きました。

是非参考にしてみてください。

http://naotu01.com/effect-running/

5.旅行に行って気分転換

仕事などで忙しくて難しいかもしれませんが、休暇のときなどに旅行に行ってみましょう。

旅行で非日常的な体験をして気分転換をしましょう。

温泉に行くのもよし、テーマパークに行くのもよし、海外に行くのももちろんいいです。

6.掃除や断捨離で気分転換

家や、仕事場の机などにある不要な物を処分するだけでも、効果が十分にあります。

また、部屋をスッキリさせることで、心もスッキリします。

私も嫌なことがあったとき、部屋を掃除して心をスッキリさせています。

7.新しい衣類を買って気分転換

あまり買いすぎて、部屋が散らかるぐらい買ってはいけませんが、新しい衣類で気分転換することができます。

おろしたての新しい衣類を着用すると、何か気分も爽快なものになります。

断捨離と平行してやるといいかもしれません。

まとめ

私もこのような方法で気分転換をしています。

嫌なことがあったら、是非気分転換をしましょう。

気分転換することでやる気も出てきます。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

では失礼します。